大阪大学大学院理学研究科附属基礎理学プロジェクト研究センター大阪大学大学院理学研究科附属基礎理学プロジェクト研究センター

基礎理学プロジェクト研究センターは
新しいステージへ

基礎理学プロジェクト研究センターの設立から5年が経過しました。これまでは旧本館と研究科内の様々な場所に散らばって研究活動を行ってきましたが、旧本館の耐震改築による教育研究交流棟(理学J棟)が竣工し、一堂に会して活動を行える環境が整いました。センターの活動は、これから新しいステージに入っていきます。

今後は、これまでの活動に加え、以下の2点を強力に推進していきたいと考えています。まず一点目は、挑戦的研究部門です。近年教職員は多忙になり、研究に専念できなくなってきています。そこで、研究者が挑戦的・萌芽的な研究に専念できるような仕組みを構築したいと考えています。また、もう一点は、理学研究科の強みである基礎科学に根ざした産学共創です。平成29年4月からは、理学研究科初(豊中地区も初)の共同研究講座「質量分析オープンイノベーション共同研究講座」が設置されました。この講座を核に、多様な研究者と複数の企業が関わったオープンイノベーションプラットフォームを構築し、世界を先導するようなイノベーションを推進したいと考えています。これらの取り組みを広げ、理学研究科らしい研究の推進や産学共創を行っていければと考えています。

皆さまのご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

2017年5月
 
基礎理学プロジェクト研究センター
センター長 豊田 岐聡