大阪大学大学院理学研究科附属基礎理学プロジェクト研究センター大阪大学大学院理学研究科附属基礎理学プロジェクト研究センター

連携・プロジェクト研究部門

日本電子YOKOGUSHI協働研究所
質量分析
オープンイノベーション
共同研究プロジェクト

日本電子と大阪大学が生命機能研究科に新たに設置した研究所

本プロジェクトは、2017年4月に発足した質量分析オープンイノベーション共同研究講座を発展的に解消、再編し、大阪大学の協働研究所制度により、日本電子と大阪大学が生命機能研究科に新たに設置した研究所です。日本電子YOKOGUSHI協働研究所の理学研究科基礎理学プロジェクト研究センター質量分析オープンイノベーションプロジェクトとして4月からスタートしたプロジェクトです。質量分析関連研究のみならず、電子顕微鏡や核磁気共鳴などの日本電子のコア技術と連携して新たな応用分野を開拓することを使命として活動しています。

特色 FEATURE

産学連携のコアとして質量分析に関わる技術開発・応用開発を進めます。

さまざまな分野の研究者・企業との連携を進めます。

医歯薬から環境まで幅広いテーマを取り扱います。

日本電子YOKOGUSHI協働研究所の一翼を担い横断的な研究を推進します。

成果 RESULTS

研究成果

歯周病のオンサイト診断装置・手法の開発を行っています。

本プロジェクトでは、研究開発テーマとして、歯周病のオンサイト診断装置・手法の開発を行っています。現在、より短時間で分析可能な手法開発と同時に、ベースとなる病態を知るための代謝物分析技術開発を行っています。また、新規のイオン化技術開発や細胞検出・同定技術開発、PM2.5分析・解析手法開発を行っています。
また、研究開発とならんで基盤技術の継承、人材の開発・育成を掲げて活動を行っています。そのため、中国国家環境分析センターのJICA研修生や台湾精華大研修生の学生実験を受け入れ、実機を用いた実習を実施しました。

今後の発展

協働ユニットとして大型プロジェクトに参加を見据えた研究開発

本プロジェクトを核として、学内外の研究室、民間企業が集まって3月より協働ユニットを発足させました。これは、機器開発、応用研究、ユーザーなど立場のことなる研究者が参加して、新たなアイデア、ものづくりを進めていくためのプラットホームとして機能することを狙っています。また、参加している研究室、企業を核として大型研究開発予算の受け皿として新規な分析機器開発を担っていくことを想定しています。
上記の協働ユニットとして大型プロジェクトに参加を見据えた研究開発を行いつつ、科研費や学内外の公的資金による独自の要素技術開発に取り組む予定です。
また、設立の理念に基づき以下の項目についても取り組んでいく予定です。
1、 質量分析技術開発(革新的技術開発)
2、 質量分析応用開発(新しいニーズの取り込み)
3、 将来の技術開発を牽引する人材開発・育成
4、 基盤技術の継承
5、 研究により得られた新技術の普及