大阪大学大学院理学研究科附属基礎理学プロジェクト研究センター大阪大学大学院理学研究科附属基礎理学プロジェクト研究センター

連携・プロジェクト研究部門

生体分子機能解析
プロジェクト

部門長 村田 道雄

生体内ではいくつもの情報伝達が連鎖し、複雑なネットワークを形成しています。近年のライフサイエンスの目覚ましい発展によって、どこでどのような生体分子が働いているのかが少しずつ明らかにされてきましたが、必要な情報をタイミングよく伝達するしくみについてはほとんど分かっていません。この難問を解決するためには、今まで解析が困難であった脂質や糖鎖といった生体分子に着目し、生体内における構造と機能を詳しく調べる必要があります。脂質や糖鎖はタンパク質と相互作用しながら、タンパク質を安定化し、さらに生命に必要な機能を上手に引き出すことが知られています。脂質や糖鎖が免疫学的に重要な機能を持ち、薬への応用も視野に入れられた研究が進められている昨今、これら物質がどのように相互作用しているのかを調べることは新たな創薬への足掛かりとなる可能性を秘めています。私たちのグループでは、有機合成化学、糖鎖化学、機器分析を専門とするチームが相互に連携し、生体分子がどのようにタンパク質と相互作用しているのかを分子レベルで解析しています。

村田研究室のウェブサイトはこちら

細胞膜の模式図。膜タンパク質(オレンジ)の周りに特定の脂質分子が集合し、ドメインを形成している様子。
細胞膜の模式図。膜タンパク質(オレンジ)の周りに特定の脂質分子が集合し、ドメインを形成している様子。
NMRスペクトルの例。分子間の相互作用に関わる情報を取得することができる。
NMRスペクトルの例。分子間の相互作用に関わる情報を取得することができる。