大阪大学大学院理学研究科附属基礎理学プロジェクト研究センター大阪大学大学院理学研究科附属基礎理学プロジェクト研究センター

医理連携教育研究拠点

医学と理学の連携という新しい枠組みの中で、全く新しい研究の芽を育み、未来医療のための新しい基礎研究領域の創始を目指しています。

現在は理学研究科、核物理研究センター、医学系研究科、そしてRIセンターの協力のもとに、難治がん治療のための新規アルファ線内用療法の開発に取り組んでいます。そのために、高ビーム強度、省電力のスケルトン・サイクロトロンの開発や、アルファ線放射性核種の多量製造法と生成核種の自動分離法の開発を進めています。さらに放射性核種をがん標的剤と結合させて放射線医薬候補を製造し、治療効果と副作用の検証を行い、アルファ線内用療法の治験、治療に結びつけることを目指しています。

特色 FEATURE

開発から臨床応用までがワンストップ

核医学、加速器、核化学分野での強固な連携

大学では唯一のFirst-in-Humanを行うことが出来る病院施設を有する

世界最先端の生体分子標識技術を有する

代表者

篠原 厚

医理連携教育研究拠点HP

成果 RESULTS

研究成果

核医学基礎研究への定常的供給

アルファ線内用療法に使用するアスタチン-211(211-At)の製造、分離、精製技術を確立し、核医学基礎研究への定常的供給を始まりました。
幾つかの候補薬剤分子の合成や211-Atの標識法を開発し、in vitro実験により、その細胞殺傷効果の確認が進んでいます。
H29年度より動物実験の設備が整備され、マウスやラットによるAtイオンやAt標識候補薬剤の体内動態に関する貴重なデータが着々と得られています。

今後の発展

医理連携による難治がん治療に向けた国際医療拠点形成

本拠点に設置されている「医理核連係センター準備室」が中心として進めている概算要求プロジェクト「医理連携による難治がん治療に向けた国際医療拠点形成」は、順調に成果を上げ、2018年度から、アルファ線内用療法の医師主導治験を目指す第2フェーズに入ります。
一方で、学内の放射線施設全体を含む大きな組織整備を進め、全学体制で、新規医療イノベーションをはじめとする放射線関連の特色ある教育研究を進める組織整備(放射線科学基盤機構の設置)が進んでいます。上記準備室は、組織上はその機構に移り、新規医療イノベーションの推進の中核となります。