大阪大学大学院理学研究科附属基礎理学プロジェクト研究センター大阪大学大学院理学研究科附属基礎理学プロジェクト研究センター

医理連携教育研究拠点

拠点長 篠原 厚

医学と理学の連携という新しい枠組みの中で、全く新しい研究の芽を育み、未来医療のための新しい基礎研究領域の創始を目指しています。現在は理学研究科、核物理研究センター、医学系研究科の協力のもとに、高ビーム強度、省電力のスケルトン・サイクロトロンの開発や、α線放射性核種の多量製造法と生成核種の自動分離法の開発に取り組んでいます。

さらに放射性核種をがん標的剤と結合させて放射線医薬候補を製造し、治療効果と副作用の検証を行い、α線内用療法の治験、治療に結びつけることを目指しています。

医理連携教育研究拠点のウェブサイトはこちら