大阪大学大学院理学研究科附属基礎理学プロジェクト研究センター大阪大学大学院理学研究科附属基礎理学プロジェクト研究センター

連携・プロジェクト研究部門

有機分子
アーキテクトニクス
プロジェクト

プロジェクト代表者 小川 琢治

本プロジェクトでは、有機分子がもつ電子機能を最大限に発揮させる手法として、単一分子電子機能の合目的設計指針の確立と、それらの集積化による高次機能の発現を目指した研究を行います
(1)単一分子で、整流、増幅、負の微分抵抗、積分型閾値機能、ヒステリシス、磁気抵抗効果などの非線形・非対称電子機能を実現する分子の設計、合成、単一分子電気特性計測を行い、分子構造・電子構造と単一分子電子機能の相関を明らかにします。
(2)それらの分子の固体表面上での自己組織化制御について研究を行います。
(3)トンネル領域を超える長距離の電荷輸送を担う炭素材料として、(m, n) 指数が揃った単層カーボンナノチューブ、グラフェンナノリボンなどと有機物の複合化に必要な基礎理学的な研究と、それらの電子機能の研究を行います。
(4)非線形・非対称電子機能を持つ分子の集積化を行うことで、確率共鳴による微小信号検出、神経様ノイズ・パルス発振器、電子粘菌などの高次の電子機能を実現することを目指します。

小川研究室のウェブサイトはこちら

電界放出形走査電子顕微鏡 試料表面の形状をナノ領域で画像化したり元素分析を行う装置。拡大可能倍率100万倍。サーマル型なのでエミッション電流量が非常に大きい。
電界放出形走査電子顕微鏡
試料表面の形状をナノ領域で画像化したり元素分析を行う装置。拡大可能倍率100万倍。サーマル型なのでエミッション電流量が非常に大きい。
多目的電子ビーム蒸着装置 特殊仕様で蒸着中のサンプルの回転、高さ変更、傾斜などが可能な高真空蒸着装置。アネルバ製。
多目的電子ビーム蒸着装置
特殊仕様で蒸着中のサンプルの回転、高さ変更、傾斜などが可能な高真空蒸着装置。アネルバ製。