大阪大学大学院理学研究科附属基礎理学プロジェクト研究センター大阪大学大学院理学研究科附属基礎理学プロジェクト研究センター

理論科学研究拠点

拠点長 橋本 幸士

理論科学はその基礎に数理構造を存し本来的に理論科学分野全てにおいて共通の礎を共にするものです。本拠点は、共通の数理やオブザーバブルに関心を寄せる理論研究者を結集し、理論研究に横串を入れることによって、研究の新しい芽を生み、また各研究対象の問題点を多角的に検討し突破口を開くことを目的として、2013年6月3日に設立されました。学部間、研究室間をつなぐ新しい科学の芽を育てるため、ノーベル物理学賞を受賞された南部陽一郎先生(大阪大学特別栄誉教授)のお名前を冠した「南部コロキウム」を運営するなど理論科学の研究土壌を作り、新たな研究のパラダイム作りを進めています。

■南部コロキウム
「南部コロキウム」は2013年からスタートし、開催回数は20回を超え、のべ約1,500名を超える学生と教員が参加しています。今後も主宰研究会を分野横断的に開催し、理論科学の観点から自然階層を超えた理論研究の統合と応用の開拓を行い、大阪大学の理論科学や物理学を中心とした研究者や学生が、常に交流できる土壌を作ることを企画します。

理論科学研究拠点のウェブサイトはこちら