大阪大学大学院理学研究科附属基礎理学プロジェクト研究センター大阪大学大学院理学研究科附属基礎理学プロジェクト研究センター

連携・プロジェクト研究部門

自然共生超分子
材料創製
プロジェクト

プロジェクト代表者 井上 正志

革新的研究開発推進プロジェクト(ImPACT)の「超薄膜化・強靭化しなやかなタフポリマーの実現」プログラムの中で、「ポリロタキサンによるポリマーのタフネス化と自己修復」研究を推進します。ポリロタキサンとは線状ポリマーに多くの環状分子を閉じ込めた分子であり、環状分子には回転と並進運動に自由度があります。この自由度を利用して、ポリマー材料にしなやかさ(靭性)を与え、強靭な膜や繊維などの高分子材料の実現を目指します。さらにホスト-ゲスト相互作用など、特異的な分子間相互作用を利用して、自己修復材料の実現に向けて開発研究を進めます。

井上研究室のウェブサイトはこちら

分子間相互作用というミクロスケールの現象をマクロスケールで実現するための化合物の合成、それを使用した材料作製を体系的に行っている。
分子間相互作用というミクロスケールの現象をマクロスケールで実現するための化合物の合成、それを使用した材料作製を体系的に行っている。
ホスト-ゲスト相互作用を利用した自己修復性超分子材料
ホスト-ゲスト相互作用を利用した自己修復性超分子材料